大阪地区の聖書に学ぶ会 次回の予定です。 お気軽にお越しください。

開催日時:2018年8月11日 (土・祝) 午後1時30分~4時

終了後、同じ室で30分程度講師を交えてのお茶の会があります。

テーマ:新約聖書におけるヘブル語の重要性 

講師:西部 賢一師(JECA一宮福音教会:信徒)

私は中学生の時に受洗して以来、口語訳聖書を読んでいました。
高校生の時に新改訳聖書が出版され、2つの訳を比較しながら読んでいると訳の違いに気付きました。ギリシャ語をかじりながら謎解きを楽しんでいました。
マタイ 6:27 日本語訳は"···自分のいのちを少しでも延ばすことができますか。"ですが、欽定訳(KJV )では"身長を伸ばすことができますか"となっています。新改訳聖書の欄外注によると"いのち"というギリシャ語は"身長"とも訳せることが解ります。
この箇所では 空の鳥、野の花 など具体的な例えで主が話されています。もし主がユダヤの言葉で具体的な"身長"と話されたのに それをギリシャ語に訳したために"いのち"と日本語に訳されてしまったのでしょうか? またその逆でしょうか?学べば学ぶほど謎が深まります。
日本文化の"わびさび"を価値観の異なる英語に翻訳するのが困難であるように、 神中心のイスラエル文化を 人間中心のギリシャ語に翻訳するのはとても困難なのです。新約聖書はギリシャ語で書かれていますがその内容はイスラエル文化なのです。ですから新約聖書の深い理解のためにはヘブル語が役にたつことでしょう。

当会は超教派の活動ですがモルモン教・エホバの証人・統一教会とは無関係です。 他教会に属している人も歓迎しますが、あくまでも所属教会の活動を優先して下さい。 以下の行為については、事前に特に許可した場合を除いて、ご遠慮ください。 団体・教会への勧誘、癒しや個人預言に類する行為、物品やチケットの販売や勧誘等。

会場: エル・おおさか (大阪府立労働センター)南館10階 南101号室

〒540-0031 大阪市中央区北浜東3-14
TEL: 06-6942-0001 
http://www.l-osaka.or.jp/pages/access.html

詳しい地図
会場への詳しい地図

聖書に学ぶ会 会場の様子

連絡先

06-4305-7810(村井)

大阪地区 過去に学んだテーマ


聖書に学ぶ会は、初めての方でも自由に参加していただける会です。会についてのご質問は、よくある質問のページをご参照ください。