過去の会 【 大阪地区 2019年 】

開催日時:2019年3月9日 (土) 午後1時30分~4時

テーマ:聖書の奥深さに感動したユダヤ信者との対話

講師:坂本 進(シオンとの架け橋:スタッフ、聖書研究会:京都地区員)

それは、時の満ちるに及んで実現されるご計画にほかならない。それによって、 神は天にあるもの地にあるものを、ことごとく、 キリストにあって一つに帰せしめようとされたのである。(エペソ 1:10)

約2千年の間ユダヤ人は新約聖書を読まず、クリスチャンは旧約聖書を軽視する状況が続 いてきました。そのような状況の下で、聖書が1つの書物の前編と後編だと考えるユダヤ人、メシアニック・ジューと25年程まえから共に学んできました。
その学びから神学だけからでは解けない多くの疑問や謎が解き明かされて圧倒されました。皆様とともにさらに深めたいと思います。ぜひご参加ください。

開催日時:2019年2月2日 (土) 午後1時30分~4時

テーマ:「復活」するイスラエル民族

講師:石井田 輝都 (シオンとの架け橋・聖書研究会 エルサレム在住)

主の手がわたしに臨み、主はわたしを主の霊に満たして出て行かせ、谷の中にわたしを置かれた。 (エゼキエル37:1)

クリスチャンにとって「復活」といえばイエス・キリストの復活ですが、旧約聖書で繰り返し預言されているのが、イスラエル民族の復活です。その預言の中で最もドラマチックで、アメリカの人気テレビドラマ「ウォーキング・デッド」のヒントともなったのが、エゼキエル書のクライマックス、37章の枯れ骨の預言でした。
そして2500年以上の時を超え、イスラエルという若い国がこの預言のとおりに歩を進めています。今回はこの預言について、預言成就の現場に10年以上住む講師とともに学びたいと思います。
皆様のご出席をお待ちしております。

開催日時:2019年1月12日 (土) 午後1時30分~4時

テーマ:イスラエル人と交流して見えてきた「ねたみ」を起こさせる方法

講師:石井田 晶二 (シオンとの架け橋・聖書研究会京都地区)

では、尋ねましょう。彼らがつまずいたのは倒れるためなのでしょうか。絶対にそんなことはありません。かえって、彼らの違反によって、救いが異邦人に及んだのです。それは、イスラエルにねたみを起こさせるためです。                   (ロマ11:11)

2年前からイスラエル人の旅行者をホストする活動を始めて、多くの未信者のユダヤ人の若者と語り合うことができました。その結果見えてきた、イスラエルに帰ったユダヤ人がかかえる苦しみとその解決の道、そしてパウロが異邦人に伝道することによって起こさせようとした「ねたみ」についてお話したいと思います。ぜひご参加ください。

大阪地区 過去に学んだテーマ

シオンとの架け橋では、特別セミナーで語られたメッセージ、またヨセフ・シュラム師やエイタン・シシコフ師らの日本語訳著書、およびアジア・メシアニック・フォーラムなどのDVD、その他資料などを販売しています。  
DVD・書籍・資料のご注文 シオンとの架け橋出版部へ