東京地区の聖書に学ぶ会 次回の予定です。お気軽にお越しください。

開催日時:2019年9月21日 (土) 午後2時~4時

終了後、同じ部屋でお茶を囲んでの懇親会があります。

講師:石井田 恵 (シオンとの架け橋・聖書研究会神戸集会)

テーマ:ホロコーストはどう「記憶」されているか ――欧州6か国のホロコースト関連施設を訪問して――

ユダヤ人を強制収容所に運んで抹殺し、無人になったユダヤ人居住区は完全破壊する――人々の記憶からユダヤ人を抹消するのが、ナチスの考えた「最終的解決」でした。
戦後70年以上を経て、ホロコーストはどう「記憶」されているのか。それを確かめるため、ホロコーストの現場となった欧州6か国の18ヶ所の記念施設を訪問して来ました。各国は誰を加害者、誰を被害者として「記憶」しているのか。そこにホロコーストの真実が隠されているようです。

● 次回の予定: 11月16日


会場:お茶の水クリスチャンセンター  411号室

〒 101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-1
Tel:03-3296-1001
http://ochanomizu.cc/home_access.php

詳しい地図
詳しい地図

聖書に学ぶ会 会場の様子



連絡先

090-6005-3534(福田)

東京地区 過去に学んだテーマ


聖書に学ぶ会は、初めての方でも自由に参加していただける会です。会についてのご質問は、よくある質問のページをご参照ください。