過去の会 【 東京地区 2019年 】

開催日時:2019年3月9日 (土) 午後2時~3時半頃

講師:福田正明  聖書研究会員

テーマ:神の国の成就とイスラエルの選び  ローマ人への手紙11:28


イエスの宣教第一声は、「時は満ちた。神の国は近づいた。悔い改めて福音を信ぜよ」でした。 また、イエスの語られたことばや奇跡のわざも、殆どが神の国に焦点が当たっています。イエス・ キリストが、長子であるイスラエル民族の中から遣わされ、彼らを通して福音が諸国民に広め られるという神のご計画があるようです。3月はこのテーマで学びたいと思いますので、どうぞ お越し下さい。


開催日時:2019年1月12日 (土) 午後2時~4時

講師:石井田直二 聖書研究会牧師

テーマ:ローマ書9~11章の秘密  「イスラエルはどのようにして救われるのか」

ローマ人への手紙9~11章は、イスラエルの救いについてパウロが熱く語っている箇所です。しかし、確かに彼の熱い思いはわかるものの、 何が書かれているのか、今一つわかりにくいとお感じではないでしょうか。多くの異邦人クリスチャンにとって、ローマ9~11章の価値といえば、 そのちょうど中ほどにある「心に信じて義とされ、口で告白して救われる」だと思います。もちろん、これは異邦人にも適用される言葉なのですが、 なぜこれがイスラエルの救いを論じたローマ9~11章の中に出て来るのか、考えて見れば不思議です。
9~11章には、1~8章に展開された、個人的視点からの救済論ではなく、驚くべき神の救いのご計画が解き明かされています。しかも、 そこには「執り成し」という、クリスチャンの重要な使命、そして日本人の救いの鍵も隠されているのです。一緒に学びましょう。

東京地区 過去に学んだテーマ

シオンとの架け橋では、特別セミナーで語られたメッセージ、またヨセフ・シュラム師やエイタン・シシコフ師らの日本語訳著書、およびアジア・メシアニック・フォーラムなどのDVD、その他資料などを販売しています。 
DVD・書籍・資料のご注文 シオンとの架け橋出版部へ